トップページ 花だより 無量寺縁起 境内案内 柴燈護摩 バリィさん守り アクセス
 
  無量寺縁起



                                                        当山は、白鳳年間、斉明天皇伊予僥倖の
                                                     際のお伴の僧侶、無量上人により、浅地、
                                                     車無寺 ( くるまんじ ) の地に開創。
                                                        本尊、阿弥陀如来は秘仏で、聖徳太子、
                                                     一刀三礼の御作と伝えられる。開創当時は
                                                     三論宗で、後に真言宗醍醐派に改め本日
                                                     に至る。






        当山第二世、宥量上人は伊予の領主河野
    玉輿公の御子で、 その縁により、 以来当山
    は河野家の祈願寺になる。
       天正年間には、宥実上人は龍門山城主、
    武田信勝公の外護を得て当山を現在の地に
    移転。又、上人は天正10年、龍門山落城、
    信勝討ち死にの時、その子、富若丸(当時
    16歳)を当寺に隠潜させ、約10年間養育し、
    ついに天領の大庄屋職に就かせる。
       代々の庄屋の記録は『無量寺文書』または
    『武田家文書』とも呼ばれ、
    現在無量寺に残る。


Copyright © 2011 龍門山無量寺 All rights reserved.
by 今治市朝倉龍門山無量寺